事業者の皆様

HOME > 事業者の皆様

事業者の皆様(オーガニックBussinessニュース)

2014/07/15

JONAオーガニックコスメQ&A 第1弾

JONAは、2012年からオーガニックコスメ認証を開始しました。
しかし、オーガニック・ナチュラルコスメのニーズが伸びている一方で、JONAでのオーガニックコスメ認証は伸び悩んでいるのが現状です。

そこで、少しでも多くの皆様にJONAオーガニックコスメ認証を知っていただけるようにと想いを込めて『Q&A』を作成しました。

今後、少しずつ更新していく予定です。是非、ご一読ください。
また、ご不明な点に関しましてはJONA事務局までお問い合わせください。

★オーガニックコスメ認証 Q&A

問1) なぜJONAはオーガニックコスメ認証をすることになったの?

答)生活全体をオーガニックにしたいという考えからです。
オーガニックコスメの信頼性を認証によって向上させたいということ、外国認証に頼っているコスメ原料の現状を変え、国内有機農業をさらに普及したいと考えているためです。
国内産の有機農畜水産物をコスメ原料に利用することを考えた場合、有機農産物や有機加工食品の日本農林規格との連動性は大変重要です。

だからこそJONAは独自基準を作成するに至りました。
食品分野の認証で得た情報を活用し、より国内のニーズに対応したオーガニックコスメ基準に発展させたいと考えています。

問2) JONA認証を取得するメリットは?

答)大きくは3点あります。

1点目:JONAは、日本だけでなく国際的にも信頼を得た第三者認証機関という点です。食品分野においては、日本、カナダ、EUの有機制度で登録された認証機関で、IFOAM認証(国際有機運動連盟の民間基準に準拠した認証)やISO65(認証機関の国際基準)の認定も取得しています。オーガニックコスメ認証も原則的に同じ手続きで行うので、コスメ分野においてもオーガニックとしての信頼性が担保できると考えています。

2点目:食品分野で多数の事業者から有機認証を受けていただいて、事業者同士の“ネットワーク”があることです。この“ネットワーク”を通じて、化粧品原料として供給したいという生産者と取引を直接していただくことも可能です。(JONAは第3者認証機関という性格上、直接に取引に関与することはできません)

3点目:国内認証団体のため、国内の申請者にとっては対応(日本語の申請書、日本語での審査など)が円滑にできる点です。また、英語や中国語であれば、外国語の資料も受け付けることができます。

問3) オーガニック原料の比率の根拠は?

答)2つの比率を設定しています。

「オーガニック」は、有機加工食品の日本農林規格をベースに設定しました。(有機原料95%以上)

「メイドウィズオーガニック」は以下の2つの配合基準があります。
・有機食品表示のコーデックスガイドラインによる有機原料使用表示の考えをベースにした比率設定(70〜95%)
・メイクアップコスメ製品を想定して独自に設定

一覧へ戻る

オーガニックの検査は何をみる?