理念&特徴 活動の推移

HOME > JONAはオーガニックを広げたい > 理念&特徴 活動の推移

理念

国際的なオーガニックに関する動向を踏まえ、日本の気候風土に合ったオーガニックの促進に努めます。
自然循環機能を活用した有機農畜水産業を継続的に発展させるため、
各種の普及活動と認証業務に取り組みます。

特徴

  • ◆IFOAM(国際有機農業運動連盟) の一員として、世界のオーガニック運動に参加しています。
  • ◆国内外の政府機関、認証団体、有機農業者団体、自然食推進団体、環境保護団体、消費者団体など、幅広い団体・個人と連携し、オーガニック運動を推進しています。
  • ◆日本国内で最初にオーガニック認証活動を開始した民間団体であり、認証件数は毎年600件を超えています。
  • ◆いかなる事業体とも利害関係を持たない第三者認証機関として、有機JAS制度に基づく登録認定機関になっています。また、国内の有機認証団体としては、IFOAMの認定(Accredit) を受けている唯一の機関です。
  • ◆米国、EU、カナダの制度に基づく有機認証団体として、それぞれの政府機関に登録しています。

活動の推移

JONA(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)は、1993年の設立時から、有機運動体として、また独立した第三者の認証団体として、国内有機農業の発展に努めています。

1993年 任意団体の認証機関として活動を開始
1997年 IFOAM基準に適合するようにJONAの有機基準と認証プログラムを体系的に整備し、本格的活動を開始
1999年 任意団体のJONAをNPO法人に組織変更
2000年 有機JAS登録認定機関としての認可取得・有機JAS業務開始
2002年 IFOAM Accreditationの認証取得
2003年 ISO/IECガイド65の認証取得
2005年7月 有機JAS制度に基づく登録認定機関の継続認可取得
2006年3月 改正有機JAS制度に基づくJAS業務を開始
2007年 JONA有機農業実験農場・親子教室開始・次代の農を考える会開始
2009年9月 カナダ有機制度(COR)の認証機関として認可取得
2010年4月 アメリカ合衆国有機制度(NOP)の認証機関として認可取得
2010年6月 同等性に基づきEUへの有機食品輸出のための「検査証明書(certification of inspection)」発行業務を開始
2011年 JONAオーガニック繊維トレース認証業務開始
2012年 JONAオーガニックコスメティクス認証業務開始
2012年7月 同等性に基づきスイスへの有機食品輸出のための「検査証明書(certification of inspection)」発行業務を開始
2014年1月 同等性に基づき米国への有機食品輸出のための「輸入証明書(Import certificate)」発行業務を開始
2014年5月 スイス有機制度(Organic Farming Ordinance)の認証機関として認可取得
2014年6月 中国-中緑華夏有機食品発展中心(COFCC)と業務提携

オーガニックは高価なのか?