HOME > 一般のみなさま > オーガニックを食べよう(マクロビレシピ・野菜講座)

レシピを印刷する

ヒエとにんじんの玄米粥

◆ヒエとにんじんの玄米粥
【2人分】
ヒエ……1/4カップ
塩……少々
にんじん……30g
水……400㎖
玄米ぽんせん……4枚
◆ヒエとにんじんの玄米(1食1人分/110kcal・調理時間約25分)
〈1〉ヒエに2倍の湯(分量外)と塩を加え、20分ほどおく。
〈2〉にんじんは1僂粒兩擇蠅砲垢襦
〈3〉水を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら塩を加えて〈2〉のにんじんを茹でる。
〈4〉にんじんが柔らかくなったら、〈1〉と玄米ぽんせんを割りながら加え、ぽんせんが水分を吸ったら火を止め、器に盛る。
※ 「玄米ぽんせん」とは、玄米を原料とするおせんべいのこと。自然食品店などで入手できます。
※ ぽんせんのお粥は、玄米を炊かずに手軽に作ることができます。

にんじんと切干大根の煮つけ

◆にんじんと切干大根の煮つけ
【2人分】
切り干し大根……10g
高野豆腐……1枚
にんじん……100g
塩……小さじ1
醤油……大さじ1/4
◆にんじんと切干大根の煮つけ(1食1人分/40kcal調理時間約50分)
〈1〉ひたひたの水で戻しておいた切り干し大根をざく切りにする。
〈2〉高野豆腐は水にくぐらせて柔らかくし、できるだけ薄く切る。
〈3〉にんじんは皮つきのまま、よく洗って細切りにする。
〈4〉温めた鍋に油(分量外)を少し入れ、切干大根を炒める。にんじんを加えてさらに炒め、切干大根の戻し水と水をひたひたになるまで加えて落としぶたをして煮る。
〈5〉にんじんが柔らかくなったら、塩・醤油を加えて味を整え、〈1〉の高野豆腐を加え、煮切る。
※ 1日おくとさらに美味しくなります。
※調理時間には、切り干し大根の戻し時間を含んでいます。
  • 朝ごはん
  • 昼ごはん
  • 夜ごはん
  • レシピを印刷する

一覧へ戻る