JONAはオーガニックを広げたい

HOME > JONAはオーガニックを広げたい

JONAは、正式名称を特定非営利活動法人 日本オーガニックアンドナチュラルフーズ協会(Japan Organic and Natural Foods Association) といいます。略して「JONA:ジョナ」と呼びます。

 1993年の設立以来、日本でのオーガニックの普及を目指し、様々な活動と認証業務に取り組んできました。その間には、国際的なオーガニック栽培基準であるコーデックス規格(1999年1月) の発効、国内における有機JAS制度(2000年8月) のスタート、そして有機農業推進法(2006年12月) の制定など、大きな出来事が幾つかありました。

 現在、JONAのイメージといえば、「日本で最初のオーガニック認証団体」あるいは「厳格な検査をする登録認定機関」というのが一般的ですが、常に私たちが考えているのは「いかにオーガニックを広げるか」の一点です。

 最新の科学は、オーガニックの優位性をあらゆる角度から明らかにしつつあります。一方、日本には、いにしえから自然と共生する素晴らしい知恵がたくさんあります。この両者を融合すること、つまりは古きをたずねて新しきを知る『温故知新』こそが、日本でオーガニックを促進する鍵だと思うのです。

 日々の暮らしをオーガニックで満たしていく――この目標を達成するためには、みんなで力を合わせて行動しなくてはなりません。JONAはそのためのNPO法人です。あなたもぜひJONAのメンバーとして活動に参加してください。団体・個人は問いません。JONAの目的にご賛同いただき、ご入会ください!

オーガニックの目的はなにか?