JONAは、正式名称を特定非営利活動法人
日本オーガニックアンドナチュラルフーズ協会(Japan Organic & Natural Foods Association)といいます。
略して「JONA:ジョナ」と呼びます。

1993年の設立以来、日本でのオーガニックの普及を目指し、様々な活動と認証業務に取り組んできました。その間には、国際的なオーガニック栽培基準であるコーデックス規格(1999年1月) の発効、国内における有機JAS制度(2000年8月) のスタート、そして有機農業推進法(2006年12月) の制定など、大きな出来事が幾つかありました。

 現在、JONAのイメージといえば、「日本で最初のオーガニック認証団体」あるいは「厳格な検査をする登録認証機関」というのが一般的ですが、常に私たちが考えているのは「いかにオーガニックを広げるか」の一点です。

 最新の科学は、オーガニックの優位性をあらゆる角度から明らかにしつつあります。一方、日本には、いにしえから自然と共生する素晴らしい知恵がたくさんあります。この両者を融合すること、つまりは古きをたずねて新しきを知る『温故知新』こそが、日本でオーガニックを促進する鍵だと思うのです。

 日々の暮らしをオーガニックで満たしていく――この目標を達成するためには、みんなで力を合わせて行動しなくてはなりません。JONAはそのためのNPO法人です。あなたもぜひJONAのメンバーとして活動に参加してください。団体・個人は問いません。JONAの目的にご賛同いただき、ご入会ください!

理念&特徴 活動の推移

国際的なオーガニックに関する動向を踏まえ、日本の輝度風土に合ったオーガニックの促進に努めます。
自然循環機能を活用した有機農畜水産業を継続的に発展させるため、
各種普及活動と認証業務に取り組みます。

特徴

活動の推移

JONA(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)は、1993年の設立時から、
有機運動体として、また独立した第三者の認証団体として、国内有機農業の発展に努めています。

1993年
任意団体の認証機関として活動を開始
1997年
IFOAM基準に適合するように JONAの有機基準と認証プログラムを体系的に整備し、本格的活動を開始
1999年
任意団体のJONAをNPO法人に組織変更
2000年
IFOAM Accreditationの認証取得
2003年
ISO/IECガイド65の認証取得
2006年3月
改正有機JAS制度に基づくJAS業務を開始
2007年
JONA有機農業実験農場・親子教室開始・次代の農を考える会開始
2009年9月
カナダ有機制度(COR)の認証機関として認可取得
2010年4月
アメリカ合衆国有機制度(NOP)の認証機関として認可取得(認証を休止中)
2010年6月
同等性に基づきEUへの有機食品輸出のための「検査証明書(certification of inspection)」発行業務を開始
2011年
JONAオーガニック繊維トレース認証業務開始
2012年
JONAオーガニックコスメティクス認証業務開始
2012年7月
同等性に基づきスイスへの有機食品輸出のための「検査証明書(certification of inspection)」発行業務を開始
2014年1月
同等性に基づき米国への有機食品輸出のための「輸入証明書(Import certificate)」発行業務を開始
2014年5月
スイス有機制度(Organic Farming Ordinance)の認証機関として認可取得
2014年6月
中国-中緑華夏有機食品発展中心(COFCC)と業務提携
2020年2月
GLOBALG.A.P.認証機関として認定
2020年3月
JASレストラン認証機関として認定

認証団体としてのJONA

JONA(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)は、マクロビオティックや自然食品の関係者が中心となり、オーガニック食品の認証と普及を行うことを目的として1993年に設立されました。 当初数年の間は、オーガニック食品の認知度が低いこともあり認証数はわずかでしたが、国際水準の基準および認証システムの構築、人材育成、組織づくりに努め、1997年より第3者認証機関として本格的な活動を開始しました。その後、99年になるとCODEX委員会で世界のオーガニック基準のガイドラインが可決され、農林水産省による有機食品表示制度の検討が始まりました。翌2000年には、有機JAS制度が新設され、JONAは登録認定機関として認可を受けました。
有機JAS制度がスタートすると、農林水産省は順次、EU、米国、豪州、アルゼンチンなどとの同等性交渉を進め、オーガニック食品の国際取引の円滑化を図ってきました。JONAはこの流れに沿って、2010年から国内の有機JASだけでなく、EUやカナダの有機認証機関としても登録を完了、会員の皆さんのオーガニック食品の輸出事業を認証面からサポートしています。